みなさんは「アロマセラピー」と聞いて、思い浮かべるイメージってありますか?

いい香り、おしゃれ、癒される、贅沢、優雅、洗濯柔軟剤(!)

私の周りで聞いたところ、軒並みこんな感じの答えが返ってきました。

きっと世間一般でも、アロマセラピーの認知って「いい香りのするやつでしょ?柔軟剤とか。」って感じなのかなぁ。ちなみに柔軟剤に使われているクッサい少々キツめの香りは、アロマセラピーではなく香料です。

同じ香りでもアロマセラピーと柔軟剤の香りでは、一体何が違うのか?

アロマセラピーは、私たちの人生をポジティブに変えてしまうほどの素晴らしいツールです。
たかが香り、されど香り。
でもそれで人生がハッピーになったり、夢が叶えられるとしたら・・・?

ということで今日は、私の考えるアロマセラピーについてお話ししたいと思います。

 


 

アロマセラピーってなに?

アロマセラピー(アロマテラピー)は、日本語にすると「芳香療法」と言います。植物の花、茎、幹、根、樹脂、果皮などから採取された芳香成分のことを精油またはエッセンシャルオイルと呼び、それぞれ特有の香りと薬理作用があります。この精油を、病気や外傷の治療、病気の予防、心身の健康やリラクゼーション、ストレスの解消、空間演出など、さまざまな目的と方法で利用するのがアロマセラピーです。

ちなみに洗濯柔軟剤や一般的な香水やルームフレグランスに使われている香りは主に香料で、アロマセラピーではありません。精油は基本的に100%天然の植物から採れた芳香成分のことを指します。

 

脳を刺激し、心身の健康をアップする

精油にはそれぞれ特有の香りと薬理作用があると言いましたが、これらは嗅覚と皮膚を通して私たちの心身へと働きかけます。特に脳への影響は大きく、芳香分子が嗅覚に入ると、感情や本能を司っている「大脳辺縁系」や、自律神経系を司っている「視床下部」にその情報が伝達されます。

その結果、ホルモン分泌や免疫機能、睡眠の質がアップしたり、内臓の働きが良くなったり、ストレスを和らげ、肩こりや生理痛が軽減するなど、心身ともに多岐に渡るベネフィットを得ることができるのです。またアロマテラピートリートメントでは、精油成分が皮膚から吸収され血中に入り、肉体へと作用します。アロマセラピーはただの気休めではなくって、ちゃんと作用してるんですよ〜。

 

嗅覚と本能、感情の関係

実は嗅覚は、五感の中で唯一脳へとダイレクトに情報が伝わる器官です。香りの快・不快は0.2秒で判断されると言われていて、それは本能的な感覚であり理性の入る余地はありません。動物も人間も生き延びていくために、嗅覚によって色々な情報を判断したり、察知したりしています。だから「鼻が利く」って、実はすごく大切なことなんです!

 

それ以外にも香りによって懐かしい記憶が蘇ったり、感情が引き起こされたりするのも、嗅覚が脳と密接に繋がっているため。なんでも、感情の80%は嗅覚に支配されているそうで、その反対に香りによって感情をコントロールすることも出来るというわけ。

心地いいと思う精油の香りを嗅ぐことで、不安や恐怖心が軽減されて、気持ちがぱあっと明るくなったりします。感情は欲求と行動のベースなので、感情が変化すればそれらも自ずと変わってきます。つまり行動が変われば現実が変化して・・・?ここに「人生が変わる」ヒントが隠されています

 


 

あなたが好きな香りの持つ意味

今までの説明からもわかる通り、あなたが好きだと感じる香りは「本能的に選んでいる=欲している香り」ということになります。精油によって鎮静作用や利尿作用、抗ウイルス作用や消化促進作用など、その薬理作用は様々なのですが、私たちは本能的(いわば無意識的に)その作用が必要だと感じてその香りを選んでいるわけです

しかし選ぶ理由はそれだけではなく・・・

実は精油には「植物からのメッセージ」があって、これはその植物の生育環境や特徴などの成り立ちから、また言い伝えや伝統的な使われ方から紐解かれたものになります。薬理作用だけでなくこのメッセージを知ることによって、私たちは自分自身を客観的に理解することができるのです。

ここが私の思う、アロマセラピーの醍醐味、面白さなんです。

 

植物が教えてくれる生き方

例えばですが、サイプレスというヒノキ科の精油

松に似た香りで、咳を鎮める作用に非常に優れています。
他にも皮膚を引き締めたり、滞っている体液の流れをスムーズにしたりすると言われています。

和名ではイトスギと呼ばれ、ゴッホの絵画にも出てくることで有名です。神聖さ、死と再生を象徴する植物でもあります。

 

メッセージは「変容と転機」

起きた事実を冷静に受け止めさせ、停滞している人生の流れを動かし、本当に自分が必要としているものを選ぶ勇気を与えてくれる香りと言われています。

そして選んだ香りを使っていくことで感情・思考・行動に影響を与え、人生が好転していく、ということが起こります。

 

 

なんだかスピリチュアルっぽくて怪しいなと思ったかもしれませんが・・・

私の経験上サイプレスは、転職や引っ越し、新しいことを始めたい、けど、ちょっと悩んでる。という人によく選ばれる香りです。私自身、オーストラリアに来るか迷っている時はサイプレスの香りを好んでよく使っていました

「変容と転機」というメッセージ通り、この決断によって私の人生は大きくレベルアップ・ステージアップしたし、間違いなく人生の大きな転機となりました。オーストラリアに来てなかったら、のたれ死んでたかもしれないと思うくらいだから(笑)

少なくとも私は精油たちに救われながら、植物の叡智に生き方を教えてもらいながら今日まで来たと思っています。

 


 

自分を感じ、知ることで見えてくる世界

とまあ、ここまであれこれと書いてきましたが。
要約すると「いい香りは心を開き、人生を変化させる」ということ。

その過程で、香りによって自分の心や感情を感じられるようになり、精油の意味を知ることで自身を客観的に理解できるようになる。(アロマアナリーゼ心理分析では、潜在意識の中にあるイメージや欲求を言語化してさらに深掘りしていきます。コーチング+カウンセリングの要素も兼ね備えた、新しいアロマセラピーの形です。詳しくはこちら「潜在意識を覗くアロマアナリーゼ心理分析」)

 

私は自分の望む人生を歩んでいくために「感じること」と「知ること」は重要なファクターだと思っていますこの二つと受容感さえあれば、あとは肩肘張って頑張らなくたって、勝手に人生は思い通りになっていくんだよね♡マインドフルネスの考えにも通ずるところ。

 

精油は「受容感」のかたまりです。

何にも言わないし、ただそっと香りで包み込んでくれるだけ。

でもそれだけでいい。

それが私たちの大きな力となってくれるから。

 

そうしてアロマセラピーに触れているうちに、私たちの心から余分な緊張がふわっと解け、いつしか自分自身が受容的になっている。自分に優しくなって、他人にも優しくなれて、みんなが幸せになれる。そういうことが起こるのが、アロマセラピーです。

みんながもっとアロマセラピーや精油を日常に取り入れることができれば、今以上に豊かで幸せな社会が実現すると本気で考えています。

香りと脳の関係性も、これからもっと研究され発展していくだろうし、楽しみ!これを機会にあなたがアロマセラピーに興味を持ってくれたら嬉しいです♡

 

「人生を変える」筋膜アロマトリートメントを受けてみたい方は、ぜひEssence Of Being のサロンにきてね♡